参加する方へ



参加する方への情報を、随時更新しています。

—————————
2020.4.20.
新型コロナウイルスの状況によっては、本トレーニングが開催延期となる可能性もあります。
以下、アンドレ先生から、参加者に向けたメッセージです。今は状況を静観し、6月中旬頃に、今後の方針をアナウンスする予定です。


<<アンドレ先生からのメッセージ>>

修行者のみなさま

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

昨今の厳しい状況は、特にわたし達人類にとって、多くの教訓を与えています。その教訓とは、地球はわたし達のものでは決してなく、逆にわたし達は地球の一部にすぎないということです。今後も、母なる地球を気遣うことができなければ、わたし達は、今起きているような困難を迎え、苦しむことになるでしょう。

わたしはいま、みなさんと同じように、自宅で家族とともに、世間から隔離された生活をおくっています。この時間は、わたしがわたし自身に立ち返るすばらしい機会になっています。自己の修練、シンプルな暮らし、そして呼吸。これらの普段当たり前だとおもいがちなすべてのことに、今、感謝をしています。

高野山のトレーニングがある10月はまだ少し先ですが、みなさんご存知のとおり、いま世界中ですべての物事が一時停止しています。わたし達も、同じ状況です。しかし、10月には、状況が改善すると信じています。少なくとも、高野山のトレーニングまでには何とかなるだろうと思っています。そして、その時は、みんなで顔を合わせ、ヨガの修練を深め、人生の喜びを分かち合いましょう。わたしは、みなさんとそのような時間を持てることを、心から楽しみにしています。

ご存知のとおり、次のトレーニングは、ラジャヨガを伝授するはじめての機会となります。今回のトレーニングを通じて、この神秘的な教えを自分以外の誰かにどのように伝えていけるかが、明らかになっていくことでしょう。ですので、このトレーニングを実現させたい、成功させたい、という強い熱意をもって、常に祈りを捧げています。とはいえ今は、今後の状況を見守るしかありません。6月中旬頃には、状況がはっきりしてくるでしょう。

みなさんのことを愛しています。わたしの心の中に、わたしの魂の中に、わたしの祈りの中に、みなさんがいます。ご自身、ご家族、愛する人たちを大切にしてください。もし、いま1人であれば、その孤立を修練を深める機会としてください。ヨガは、何年もかけて、孤立の状況に置かれた人たちによって深められてきました。この驚くほど素晴らしいヨガの科学はそのようにして導きだされたのです。ですので、この孤立の時間をヨガの科学への理解を改めて深める機会としましょう。

愛を込めて
アンドレ・ラム
—————————


慌ただしい日常から離れ、
日本の情緒あふれる景色、美しい環境に身をおきながら、
8泊9日、ともに過ごし、深くつながり、高めあえること、心から楽しみにしています。


目次
 1.滞在先
 2.集合について
 3.気候
 4.持ち物
 5.食事
 6.費用
 7.その他
 8.連絡先


1.滞在先

◇高野山・宝城院
和歌山県伊都郡高野町高野山156
TEL 0736-56-2431
宿泊は、寺院の宿坊で、男女別の相部屋になります。

◯ 電車(南海高野線)
 南海高野山ケーブル 高野山駅下車、壇上伽藍(大塔)方面へ徒歩50分.
◯ バス(南海バス路線図)
 全線 高野山駅前バス停 → 千手院前バス停下車、徒歩10分.
 千手大門線 31 高野山駅前バス停 → 金堂前バス停下車、徒歩3分.
 千手大門線 32 高野山駅前バス停 → 大塔口バス停下車、徒歩2分.
◯ 車
 京奈和自動車道 高野口I.Cより国道370号 目標物:高野山


◎関空(KIX)からの高野山までのリムジンバスの運行有無は、まだ未定です。毎年和歌山県との協議により確定し、2020年のシーズン(夏)前に発表されるようです。



2.集合について

集合場所は、宝城院です。
プログラムは、14時からスタート予定です。
13時半までにはお越しください。
スタッフは12時半よりお待ちしています。

会場の宝城院では、荷物を預かることも可能ですので、
早めに来ていただいて、近辺を散策したり、昼食をとるなど、
ゆっくりすごしていただくのもおすすめです。

高野山HP


3.気候
   
標高800m程の山上なので、平地より5度ほど気温が低く、特に朝晩は冷え込みます。
10月下旬ですと、朝晩の気温は5℃くらいになります。
十分に暖かい服装でお越しください。(足元から冷えないように)
ヨガ中、講義中に調整できるような服装、温かいブランケットなど、はおれるものをご用意ください。(だるまストーブを設置しますが、十分に温まらない可能性があります)
寝る部屋はエアコンがあるので、温度調節していただけると思います。

4.持ち物
  
・ヨガマット
・ヨガウェア
・温かい上着(フリース、ダウンなど必須)
・レッグウォーマーなど
・歩きやすい靴(舗装していない山道を歩きます)
・ブランケット(横になる時や、ひざかけなど、冷えますので温かいものをおすすめします)
・洗顔、化粧品、歯磨きセット
・バスタオル
・タオル
・パジャマ
・下着や着替え
・筆記用具
・その他、8泊9日の宿泊をする準備

[宿(お寺)のアメニティについて]
・小さなタオル
・歯ブラシ
は、部屋においてありますのでご利用いただけます。

*バスタオルは、有料で貸し出しがあります。小さなタオルは毎日交換いただけるようです。

*お寺に洗濯機はありません。高野山の街中に1つだけコインランドリーがありますが、ちょうど町の反対側で、徒歩20分ほどの距離です。洗濯は各自手洗いのうえ、各部屋で干すことになるかと思われますので、各自で洗剤や部屋干し用のハンガーをお持ちください。

*会場まで、少しでこぼこした道や、多少の階段はありますが、スーツケースでも大丈夫です。ただし、お寺の中ではスーツケースを引きずらないようにお願いします。

◇あると便利なもの
・耳栓(相部屋での就寝に必要な人)
・シャンプー、コンディショナー、石けん(宿にもありますが、愛用しているものがあれば)
・ドライヤー(風呂場に2個用意あり、お部屋にはありません。)
・お菓子やティーバックなど(水とお茶は用意あり。お湯のポットも用意します。)
・洗剤、洗濯ロープ、ハンガー等(手洗い洗濯用)
・帽子(外を歩くときに必要な人)
・散歩などの際に使う小さなカバン

近辺にもいくつかお店ありますが、
必要なものは、あらかじめお持ちください。


5.おすすめの本
    
アンドレおすすめの本を紹介します。
こちらは、ティーチャートレーニングのためだけではなく、人生の指南本として、みなさんの自己研鑽やインスピレーションを高めるためにおすすめするものです。このティーチャートレーニングの事前課題として義務づけるものではありません。

How Yoga Works

上記の内、いちばん上の本のみ、日本語訳の本が出版されています。
・インテグラル・ヨーガ (パタンジャリのヨーガ・スートラ)
https://www.amazon.co.jp/dp/4839700451


6.食事
    
宿坊で用意していただく精進料理で、
完全菜食(肉・魚・卵・牛乳ぬき) になります。
食べられないものがある方は、事前にご連絡ください。


7.費用

滞在中は、お土産やおやつなどを買う以外は、特に費用はかからないと思います。


8.その他

・お風呂は一度に15人ほど入れる大浴場になります。
入浴時間は、夜のワーク終了後、22時までですが、
シャワーだけは、朝も可能になる見込みです。

・宿坊内の一部にはwifiを使える箇所がありますが、お部屋にはwifiはありません。
日常生活を離れる貴重な機会なので、できる限り携帯から離れることをおすすめします。



9.連絡先

当日、または、前日までに何かございましたら、以下までご連絡ください。
andreiramjapan@gmail.com
09055658756 ぬん(榊原)まで